AV女優 森下なおが出演している作品 (合計3本)

DUGA

【ヒロイン】ヒロインキラー ~徹底討伐~3 松下美雪

熟美人戦士ミス☆ミルクレディブル…。彼女は心貧しき人間が増える地球を救うために遠い星からやって来た女超人だ!普段は捜査官としてその正体を隠している。富豪であり天才である少年は女性をレイプし痛めつける事が唯一の趣味だった。彼女の囮捜査で少年を逮捕するが、その財力で無罪になる。ミス☆ミルクレディブルに捕まった事に屈辱を感じ、復讐心から殺人強化スーツ“電人キラーハンターZ”を造りあげるのだった。ミス☆ミルクレディブルの前に立ちはだかる電人キラーハンターZ。鉄拳ロケットがミス☆ミルクレディブルの肉体に激突し苦しめ、一万馬力の握力がミス☆ミルクレディブルの首を絞め苦しめる。さらに鋼鉄の足がミス☆ミルクレディブルの巨乳をペシャンコに踏み潰そうとする!電人キラーハンターZの光子力有情光線がミス☆ミルクレディブルの神経を狂わせ、痛みが快楽になり快楽が痛みへと変化し、彼女は精神的にも肉体的にもボロボロに討伐されるのだった!彼女の先輩捜査官は女キラーハンターに改造され、ミス☆ミルクレディブルを責めるのだった!果たして熟美人戦士ミス☆ミルクレディブルの運命は…!?[BAD END]

DUGA

【ヒロイン】ヒロイン戦闘員堕ち 聖光戦隊スパークファイブ 後編 羽月希

スパークブルーが敵の女戦闘員に堕ちてからスパークピンクは女戦闘員達を倒すごとにブルー早矢ではないかと思い、その黒いマスクを剥ぎ取り女戦闘員の素顔を確認するのであった…。そんな精神的に追い込まれた戦いの最中に、再び女戦闘員となった早矢がピンク由紀の前に現れる!今度こそ早矢を正気に戻しスパークファイブとして絆を取り戻し自由と平和のために戦いたい一心で由紀は装着し戦うが、その戦いはスパークピンク由紀をも女戦闘員に落とし込む罠であった…。女戦闘員としての邪心と邪体を造りだす恐ろしき洗脳装置で元スパークブルーは邪悪な女戦士と化したが、本当に彼女は元に戻らないのか?アジトに拉致され性のはけ口にされるピンクは最後の掛けにでるのだった!美しき戦隊ヒロインが女戦闘員にされ肉便器となるドロドロの女のドラマが展開する…[BAD END]

DUGA

【ヒロイン】ヒロイン戦闘員堕ち 聖光戦隊スパークファイブ 前編 羽月希

聖光戦隊スパークファイブの中でも特に女戦士ピンクとブルーは固い絆で結ばれていた。二人の活躍によって小さな命が守られ、悪の組織ダークカオスの戦闘員増加計画は二の足を踏んでいた。だが、悪の幹部デスキングは憎いスパークピンクとスパークブルーをいっそ女戦闘員に洗脳するという大胆不敵な作戦を企てるのだった。まずは戦闘能力が弱い治癒の戦士スパークピンクを拉致するつもりだったが、水鳥の戦士スパークブルーがピンクをかばう事で拉致が困難とされていたブルーの捕獲に成功する事ができた。最強の女戦士スパークブルーを拘束し、今までの怨みを返すデスキングの不埒な責めは始まった。そして、スパークブルーの安否を心配するスパークピンクの前に再びダークカオスの戦闘員達が襲い掛かる。戦闘員ごときに負けるスパークピンクでは無かったが、一人の女戦闘員を倒す時、スパークブルー青羽早矢の面影を感じマスクを剥がすとそこには変わり果てた元スパークブルーがいた。「どうして戦闘員なんかになったの!?」と問い詰めるピンク桃香由紀に早矢は、そのおぞましい拷問と洗脳の羞恥の記憶をたどり由紀に話すのだった…「もうやめて…そんな話は聞きたくないわ!もう一度、スパークファイブの一員として一緒にダークカオスと戦いましょ!」と必死に説得するスパークピンクに元スパークブルーだった女戦闘員はピンクを悪の道に引きずりこもうとするのだった…[BAD END]