AV女優 加瀬あゆむが出演している作品 (合計10本)

DUGA

【ヒロイン】KUNOICHI -忍- 五 朱雀 加瀬あゆむ

天風一族の宝を狙う玄武に、天風一族の長であり実の父親を殺された蘭は捕まってしまう。あらゆる拷問にかけても口を割らない蘭に、業を煮やした玄武は蘭の記憶を奪い、そして洗脳してしまうのだった。洗脳された蘭は「朱雀」と名を変え、玄武・青龍・白虎に加わり四天王の一人として名を連ねた。洗脳された朱雀(蘭)は天風一族の宝のありかを聞くべく、自らの手で天風一族の残党を次々と狩り拷問をかけていくのだった。そんなある時、一族の残党との戦いで朱雀は攻撃を受けてしまう。攻撃を受けた箇所は別状はなく、一人部屋に戻り仮眠をとる朱雀だったが急にうなされてしまう。攻撃を受けたと思われる場所に、実は洗脳を解く技をくらっていたのだ。ようやく長かった洗脳も解け、記憶を取り戻した朱雀は玄武に復讐するべく、立ち上がるのだった。玄武の下でいつの間にか力をつけていた朱雀は簡単に白虎を倒し、青龍もあと一歩の所まで追い詰めるのだが、玄武の呪いの術にかかってしまう。呪いにかかってしまった朱雀に、玄武と青龍が襲いかかる。朱雀の運命は…。[BAD END]

DUGA

【ヒロイン】サイバーエージェント レイン 加瀬あゆむ

極東犯罪捜査局の捜査員・雨深凛は相棒のプロフェシーと組み、主に犯罪組織「エテルノ」捜査にあたっている。ある日上司の谷に呼び出され、凛たちが捕獲した「エテルノ」の組員全て釈放の旨と、今後一切「エテルノ」への手出しすることを禁止と伝えられる。その判断を下したのが「雲の上の人」つまり「法務大臣」だと悟った凛は皮肉めいた笑みを浮かべ部屋から去って行く…。数週間後、凛は犯罪組織「エテルノ」主催バトルの祭典「アエスタース・グラキエース」に出場することをプロフェシーに伝える。組織を壊滅するにはボスを直接叩く事、ボス・ウェイライに近づく為にはこの大会しかない事、ウェイライ自身には戦闘能力がなく側近のボディーガードさえ何とかすれば…それを聞いたプロフェシーは一度は凛を止めたが、自分も大会に参加する決意を固める…。大会に出場した二人はお互いに勝ち進み、満身創痍ながらも決勝の舞台へと駒を進め、直接ウェイライと対面する事になるのだが…。[BAD END]

DUGA

【ヒロイン】SUPER HEROINE アクションウォーズ セーラープリースト 加瀬あゆむ

魔物が取り付いたテレビ番組「洒遊記」、愛部聖子は突如魔の力でテレビの画面内に吸収されてしまう。そこに現れたのは悪魔の取り付いた三蔵法師と孫悟空達だった。三蔵法師は、美しく若い女を引きずりこみ、その肉体を凌辱し、悪しき魔界の功徳を得ていた。愛部聖子は聖なる力でセーラープリーストに変身した。孫悟空、沙悟浄、猪八戒は三蔵法師の命令でセーラープリーストに襲いかかる。だが、愛のセーラー戦士セーラープリーストは魔物と化した孫悟空達を薙ぎ倒してゆく!三蔵法師は、弟子である孫悟空達の修行の封印を解き、身軽にしてやるのだった。セーラープリーストは急にスピード、パワー、魔力の上がった孫悟空、沙悟浄、猪八戒、に苦戦する。毒液、電気、エネルギー吸収に苦しむセーラープリーストは、辛うじて、不屈の意志と愛の戦闘力で戦いに勝利する。残るはふてぶてしい魔の坊主、三蔵法師を倒し、元の世界に戻すだけ。しかし、三蔵法師の戦闘能力はセーラープリーストの想像を遥かに超えていた。三蔵法師は弟子を倒した、セーラープリーストを洗脳し自分の新たな弟子として、天竺までお供させる事を考える。セーラープリーストは戦いに傷つきながら、渾身の力で戦うが、三蔵法師の魔力は強大だった。禁錮錠を投げセーラープリーストの動きを封じ、セーラープリーストの肉体を吟味するのだった。強制的に恥ずかしい潮まで吹かされ、昇天させられたセーラープリーストは、凌辱される中で快楽に襲われ精神と肉体のコントロールを失い、洗脳されてしまう。そしてセーラープリーストは三蔵法師にひざまつき忠誠を誓ってしまうのだった。[BAD END]

DUGA

【素人】初投稿 素人(秘)どっきり報告8

ちんぽ狂女と投稿マニア男。驚異の野外激露出ファック!演出、やらせ一切なしのガチンコ・プライベート投稿ビデオです。AVの極致は、透明人間になって<他人のセックス>を覗き見する事にあり。盗撮・騙し撮り・携帯ハメ撮り・乱交・浣腸・野外露出・性奴調教・車内プレイ・セックスサークル…内容凝縮!!マニア間で楽しまれている投稿です。中毒性大につき、ご注意願います。(小林明光兄弟社)

DUGA

【ヒロイン】美少女剣士ATHENA 加瀬あゆむ

「元ネタが原作というより原案に」コスチュームがウ○ナっぽいなぁと思ったら、「天童アテナ」とか「世界の終」とかネーミングがウ○ナから完全に引っ張ってきてました。 でも、ストーリーがまったく違うので、ウ○ナのパロというよりは別物として観た方がいいです。普通に面白いですし。 アクションシーンは、アテナ役の子が頑張っているし、キリッとした雰囲気も出てます。 序盤のオナニーも、剣を使った方がさらに良かったですが、蛇蔵さんが席を外した隙に激しくなるところとか良かったです。ここで蛇蔵さんとの絡みにいかなかったのもグッドです。 残念だったのは、触手つかいの魔物を出すなら、陵辱シーンでも活用して欲しかったです。 メイキングでは、最後のインタビューが撮影終了後だったせいか、アテナ役の子がちょっとぽわぽわしていて、余計に可愛く見えました。