レーベル HAPPY FISHから販売された作品 (合計238本)

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 香川沙月

トイレという狭い空間で、男たちに身体を弄ばれる『沙月』。制服ごと荒縄で縛られ、不安はみるみる増大。恐怖は時として性的な欲情を煽るものらしい。少女の下着には既に、はしたないシミが…。「もう感じてんのかよ…。ドスケベなマゾ女だな」なかば呆れ気味で、ネチこく責めたてる男たち。電動マッサージ機が股間に宛てがわれるや、ポ~っと頬が赤みを帯びて、ハアハアと呼吸も乱れだす。身体は正直…とよく言うが、正直なのにも程がある肉体的反応。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 大原友美

あどけないルックスに、小柄で華奢なボディの少女。首輪とチェーンを施された姿は、まるでお散歩中のペットのよう。雑居ビルの屋上で肉体調教を受けた後、密室に連行され、更なる過酷な責め苦が…。ヒザ立ち体勢で吊るしあげ、女子校生の無垢な性器を弄ぶ男たち。「もうこんなに濡れてるよ。グショグショじゃん」「あ~ぁ勝手にお漏らししちゃって…これでまたお仕置きだな(笑)」屋上玩具責めの時点で相当興奮していたのか、おもしろいようにジョバジョバ失禁してしまう友美。「ヤダヤダ…出るっ出ちゃう~ぅ」泣きべそをかきながら、お漏らしし続ける様子は、幼いにも程がある。男たちの凌辱欲は、ますますかき立てられることに…。続いてマットの上に縛りつけられ、しかも股間は180°全開の完全無防備状態。少女の恐怖心は、これまで経験したことのない段階へ…。ひたすら泣きじゃくるも、容赦なく犯され続ける友美。これまでの調教の成果もあり、あれほど過敏だった性器は、盛んに快感を享受。「やああぁひぐっ…ひぐぅイグうぅ!」鼻水と涙を垂れ流してシドロモドロながらも、あえなくアクメに達してしまう。まだ精神的に未熟な少女にとって、この絶頂体験はあまりにショックだったようだ。全裸M字開脚で椅子にギチギチ緊縛。粘液まみれの肉穴には、荒縄で電動玩具をズッポリ挿入固定。少女の表情は心ここにあらず…といった感じで、「あっあぁキモチいいぃ…」と、またもやジョジョ~とお漏らし。ただ快楽に耽るだけの肉の塊に成り果ててしまった。そこへトドメの濃厚ザーメンがビュンビュンと乱射。顔面が白濁液でドロドロに穢され、そのまま放置されるという屈辱的仕打ち。延々イキまくったあかつきには、いったいどんな失禁恥態を見せてくれるのやら…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 鮫島彩

身長が150cmで華奢な体型のため、実年齢よりも幼く見られることが多い「彩」。ブレザーの制服で街を歩いている姿は、ほとんどC学生のよう。気弱で従順そうな少女ばかり付け狙う輩にとっては、まさに格好の獲物に映ったことだろう。その目論見どおり、あっけなく拘禁されることに…。磔にされて、肉体を弄ばれる女子校生。見た目の幼さからは想像もできないほど、既に性器感度は覚醒済みのようだ。それもそのはず、この少女は中学にあがる前からオナニー癖がついており、性的快感への誘惑には、殊の外だらしない模様。ギンギンに勃起したクリトリスに電動マッサージ機が宛てがわれると「くはっ、そこダメぇ…」と、みるみる感じ始める彩。両膝をプルプル震わせ、どうやら一気に絶頂まで達してしまったらしい。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 宮元由麻

下校途中に捕獲されて早々、性処理ペットとしての調教を受ける女子校生・由麻。屋上でのイラマチオ射精などは、まだまだ序の口。密室に連れていかれると、本格的な凌辱が始まることに…。縄で繋いだ女子校生の肉体を、文字通りヤリたい放題。とりわけシミひとつない豊潤ツヤツヤ肌は絶品中の絶品で、喜々として全身くまなく舐め回す男たち。ボールギャグから滴る、ナマ唾液もジュルジュルすすりまくり。強制開脚で剥き出し状態の性器も、卑猥な汁ごと貪り尽くす。現役JKの肉体と体液を、思う存分堪能するのだった。緊縛調教は徐々に、生体実験のごとき様相を帯びていく。電動玩具の強烈無比な刺激を浴びると、女体反応は如実に変化。吊るされたまま身体が弓なりに反り返り、ガクガクと震えが止まらない。「はふううぅ、もうラメ~ぇ!」口枷を噛みしめつつ漏れる、アエぎ声の切迫感も最高潮へ。なおも立ちバック体勢で責められ続ける女子校生の肉体。スカートをペロンとめくると、惚れ惚れする程の美白桃尻があらわに…。真ん丸のラインは言うまでもなく、プリプリの質感もまさに極上。そして取り調べの矛先は、アナルへも及ぶことに。「なかなか感度よさげだな。じゃあこんなのはどうかな~?」パール型のアナルバイブをヌプヌプ埋め込んでいくと、おもむろにスイッチON。魅惑的な微振動が、少女の肛門を容赦なく刺激する。美尻をプルプル震わせながら、アウアウと呻き声を漏らす由麻。アナルバイブを喰わえ込んだまま犯され、その挙げ句イカされてしまう。これほど惨めなレイプもないだろう。その後も蝋燭+電動のW責め苦が続き、全身の性感帯が否応なしに研ぎ澄まされていく。「あっあっ、ああぁそんな…こんなのって…」信じられないくらいの甘美な感覚に、困惑すら覚える由麻。そんな戸惑いをヨソに、肉体は奔放なまでに快感を渇望。ついさっき、あれだけ惨めなアクメ恥態を晒したというのに…。恥も外聞もなく、一心に性的快楽を欲するJKボディ。本来、地獄を味わうはずのエンドレス輪姦で、至福のエクスタシーに酔い痴れてしまう。性処理ペットどころか、ド淫乱なマゾ奴隷に成長してしまったようだ。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 花山優子

一見、マジメそうに見える優子だが、成績はクラスの中でも下から数えた方が早いらしい。勉強には全くと言っていいほど興味がないそうで、かといって仲間とつるんで遊び歩いてる訳でもない。興味といえば、性に関することばかりとのこと。目覚めも早く、中学にあがった頃には毎晩のようにオナニー。おとなしそうな顔して、頭の中は卑猥な妄想が渦巻いているようだ。この手の娘は往々にして、軽々しく「ドMです」などと口走りがち。妄想オンリーで、本当の屈辱など味わった事もないくせに…。この際、お望み通り嬲られ尽くすがいいだろう。肉体的な反応は申し分ない。嫌がって抵抗してるのに、乳首がみるみる勃起。「マジかよ。レイプ願望満々じゃね~か(笑)」喜々として群がる男たちに、懸命に抗い続ける優子。だが、図らずも日頃のマゾ妄想が実現してしまった結果、性的興奮はもはや隠しようがないほど高ぶってる模様。股間からはクチュクチュとイヤラシイ音が漏れ、半開きの口からはハアハアと悩ましげな吐息が…。そして、このまま一気に輪姦へと突入。ギンギンの肉棒2本で鬼畜ピストンの挟み撃ち。四つん這いでいいように犯されるドM少女は、為す術も無く、ただ呻き声を漏らすことしかできない。これで強姦される惨めさを心底思い知ったはず。その後も過酷な拘束調教が続くと、優子の肉体はいよいよ感度が最高潮に。どうやら、ありがちな自称ドMではなく、生来の真性マゾ体質だったようだ。電動玩具の魅惑的な刺激にアゴが上がりっぱなしで「はあ~ぁダメ…キモチいいぃ」と恍惚の表情を浮かべてしまう。トドメの輪姦では、全裸に首輪&緊縛という恥知らずな姿で、アンアンと悦びの声をあげるド変態っぷり。ずっと内に秘めていたレイプ願望をすっかり解放しきって…。今後、平凡な学園生活に戻ったところで、授業などますます上の空だろう。このまま変態マゾ家畜として飼われる方が、この少女にとって幸せかも知れない。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 紺野華純

「実際は可愛い」サンプルで見ると、口が大きいブサイクに見えてしまうのが損してる。本編では反応も良くって、すごく可愛い女の子。整形美人より、よっぽど良い。バックからはめられながらの蝋燭責めや二穴バイブ責めなども良いが、個人的には開脚させられ局部をバイブで責められながらの蝋責め。本気で泣いてるところが愛しくて、すごく可愛く感じました。この子、他の作品にも出てるのかな? もっと見たくなる様な魅力のある女の子でした。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 中島春香

まるで全身を梱包されたかのように、ガチガチ緊縛状態で運び込まれる女子校生。しなやかで細身なボディには、ムダな肉が一切ない。10代の健康体の魅力を、一身に凝縮した感じである。どうにか抗おうと身体をよじる姿が、何とも健気でいじらしい限り。これには男たちも、待ちきれないとばかりに緊縛女体にガッつく。「やっやあぁ…やめて、お願いいぃ」今にも泣き出しそうな顔で、懸命に憐れみを乞う春香。しかし男たちの責めは辛辣さを増すばかりで…。下半身の縄を解かれたと思ったら、今度は立たされた上での電動玩具責め。真下からズプズプとネジ込まれ、両ヒザが震えっぱなし。そしてこのまま一気に立ちバック姦で問答無用レイプ。華奢なボディが跳ね上がりそうなほど、あまりにも獰猛な肉棒ピストンがズコズコ猛加速!「嫌あぁ!そんな…ダメっダメぇ!」どう見ても本気で嫌がり、絶叫声をあげる少女だが…。あろうことか、荒縄で縛り上げられた胸もとの乳首が、信じられないほどビンビンに勃起状態なのだ。頭隠して尻隠さず…ではないが、育ち盛りの肉体は性的興奮を隠し通すことはできないらしい。恥辱の限界を超えてしまったのか、やるせない無力感におそわれ、茫然自失といった感じの春香。この魅惑的な快感と興奮を素直に受け入れる以外、もはやこの少女に生きる道はなさそうだ。緊縛状態で犯されて感じてしまう、はしたない肉体。その無慈悲な事実を思い知らせるべく、蝋燭と電動玩具で執拗に嬲り尽くす男たち。さらに後ろ手にガッチリ縛り上げたところで、総仕上げとばかりに徹底輪姦。もう乳首のみならず、性器もビンビンに感じまくり、愛液がダラダラと溢れっぱなしに…。ここまで卑猥な痴態を晒してしまった以上、春香本人も認めざるをえないだろう。秘かに変態マゾ願望を抱いていた事実を…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 中根裕美

見知らぬ男たちに捕らえられ、縄で縛られた上に、天井から吊るされる女子校生・裕美。おとなしそうに見えて、意外と自意識が強く、人一倍恥ずかしがり屋のようだ。好き勝手に身体を触られるだけで、この上ない屈辱を感じている。「やあ~ぁ、やめてください。お願い…」涙ぐんで、懸命に哀願する少女。しかしその願いも虚しく、電動マッサージ機で責められるはめに。さらにそのうえ、裕美に思いも寄らない事態が…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 川仲美琴

あどけない顔だちが、実に可愛らしい女子校生・真琴。荒縄で縛られると、まるで借りてきた猫のようにオドオド。愛くるしい表情で許しを乞うも、その可憐な視線が余計に、男たちの欲望を煽ってしまう結果に。電動玩具を宛てがわれると、膝がガクガク震えっぱなし。「これイヤっ、ダメだってば~!」純真無垢な容姿同様、身体もまだ性的刺激に対して、未熟そのものといった感じだ。改めてじっくり少女の肉体を吟味する男たち。股間にはジュワ~と淫らなシミが滲んでいる模様。おもむろに下着を脱がすと、ねっとりと糸をひく愛液。つるつるワレメのロリマンは、ヌメヌメと卑猥な光を帯びている。「何だかんだ、もう濡れてやがる。調教し甲斐ありそうだな~」過酷な仕打ちはさらにエスカレート。蝋燭に電動玩具にアナルディルドーと、まさに怒涛の勢いで…。ハウンハウンと甘える仔猫のような鳴き声をあげる真琴。四つん這いで背中を丸め、ビクンビクン身体を引きつらせる反応も、しなやかなネコ科動物を彷彿とさせる。「ホント、猫みたいだな。ほら、もっと鳴いてみろよ」なおも玩具とディルドーを容赦なくネジ込む男たち。シツケが行き届いてないペットは、たっぷり調教してやらねばなるまい。性体験こそ少なかったものの、どうやら真琴のマゾ願望は人一倍旺盛だったようだ。仕上げの集団輪姦を前に、無垢な性器は、すっかり性的刺激に覚醒済み。股間に肉棒を宛てがわれただけで、粘液がダラダラ分泌。快感に飢えた肉穴が、我慢できずヨダレを垂らしてるかのよう。「イヤあぁ、ダメダメ…やあ~ぁ!」しきりにあげる悶え声は、どんどん淫らに堕ちていく自分に対してなのか。少なくとも、次々ブチ込まれる肉棒ピストンには、抵抗感どころか、恍惚感すら覚えているようだが…。持ち前のマゾ淫欲を抑え込む手だては、もはや皆無。可憐な仔猫は、今や単なる発情期のメスと化してしまった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 真中香澄

ビルの屋上で、必死に逃げ惑う女子校生・香澄。怯えきった表情はまるで、肉食獣に狙われた小動物のよう。あえなく男2人に追い詰められ、悪戯の餌食に…。無理やり舌を口内にネジ込まれると、あからさまな拒否反応をみせる。まだセックスの経験は浅いようで、彼氏以外との性交渉など、絶対ありえない事なのだろう。「嫌っ、やめてください。やああぁ…」切迫しきった声は、その恐怖の凄まじさを物語る。不逞の輩に対して、ひたすら平身低頭。プライドをかなぐり捨て、懸命に懇願し続ける少女。ただ犯されたくない一心で…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 上原真紀

「黒髪ロングJKが連続絶頂」とにかく女の子の反応が良いです。電マやバイブで責められた時はもちろん、熱蝋責めやアナルを弄られた時も終始喘ぎっぱなし。開口具を嵌められた前半では言葉にならない声を上げ続け、後半は何度も何度も玩具で股間を責められて、過呼吸にならないか心配なほどよがりまくりでした。しかし、折角開口具を使ったのにイラマが無かったのがもったいない。後ろから責められてフェラどころじゃなくなっているシーンでも、構わず口に突っ込んだりすれば良い画が見られたと思うのですが。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 野々宮瞳

おっとりという表現がぴったりの女子校生『瞳』。しかし、口もとのスケベボクロと肉厚な唇が、その好色な素顔を白日の下に晒している感もある。男たちもそのニオイを敏感に嗅ぎ取ったのだろう。いきなりビルの屋上で電動玩具凌辱。さらに密室内でも、休む間もなく責めまくる。嫌がりながらも、半開きの口からハアハアと息が漏れっぱなし。明らかに興奮状態である。「なになに!?もう感じちゃってるの!?(笑)」「もっとキモチよくしてあげるからね~」満面の笑顔で、なおも辛辣に嬲り尽くす男たちであった。持ち前のエロ素質をどんどん開花させていく少女。しかも更なる緊縛調教でマゾ願望まで増幅する一方に。ベッドにへばり付くようにギチギチに固定され、全身くまなく蝋燭をダラダラと…。あまりの熱さに身をよじろうとしても、荒縄がさらに喰い込むだけ。そして蝋燭責めの激痛により、全神経が異様なまでに活性化。甘美な性的刺激は隠し味の要領で一層際立つことに…。電動玩具をヌプヌプ出し入れされ「かはっ、かは~あぁそんな…ダメ~ぇ!」切なげな表情で悶え声をあげる瞳。自分でも困惑するぐらい身体が快感を求めてしまう。やはり口もとのスケベボクロはダテじゃなかったようだ。最後の輪姦では、マゾ奴隷の制服ともいえる亀甲縛り。もう瞳の卑猥欲情を抑え込むものは何もない。好き勝手に肉体をイジくり回されても、欲しいままに快楽を受け入れてしまう少女。正常位でハメたまま、スケベな口にもナマ肉棒をズコズコ。ダブルの高速ピストンで2つの肉穴をメッタ挿しに…。呻き声を漏らすだけの肉塊と化しながら、淫らな興奮と悦びを隠せない。このご時世「ドM」を自認するスキモノ女も少なくないが、ここまで素直にマゾ淫欲を晒け出してしまう女子校生は、相当希少な存在と言えよう。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 佐々倉綾

箱入り娘というのは、得てして世間知らずなものだ。この『綾』などは典型的なお嬢さまである。他人を疑うということを知らない、おっとりした性格。見知らぬ男たちに声を掛けられると、無視することすらできず気がつけばこの有り様…。密室に連行され、手っ取り早く緊縛されてしまった。お嬢さまだけに、逆境に立たされること自体経験がないのだろう。口を塞いでいたガムテが剥がされても「お願いです、許して…」と、ひたすら哀願するのみ。聞く耳持たない男たちに、みるみる脱がされていく。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 栗山奈津美

「可愛い」奈津美ちゃんは、若さ弾ける美肌と、細すぎず太過ぎず適度な体型。さらに柔らかそうなおっぱいが魅力的な女の子。ルックスは決して美少女ではないが、童顔で可愛い。プレイは蝋責めがあるものの少し優しめ。可愛いからハードにはできないよな。ただ、最後に身体中に落書きされてトイレで中だしされるシーンは、奈津美ちゃんも放心状態なので、今一つだし、便器扱いされるという屈辱的なシーンは、この可愛い子には可哀想だ。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 秋本奈菜

ビルの屋上で、男たちに辱められる女子校生・奈菜。素朴な見た目どおり、お人好しの少女は強く拒むことができない。その人のよさに付け込み、強制淫戯はますますエスカレート。問答無用で肉棒を喉奥までネジ込み、容赦ないイラマチオが繰り出される。口内がナマ臭い精液で満たされ、堪らずダラ~リと吐き出す少女。しかし盛りのつく年頃の女体は、オスの臭いに敏感に反応していたようだ。まだこの時点では当の本人も気づいていなかったが、無垢な性器は確実に興奮を覚え始めていた。室内に移動し、今度は制服ごと縛られることに。紺のオーソドックスなセーラー服が、少女の純朴な雰囲気を一層増幅。とりたてて美少女という程ではないものの、いかにも普通っぽく可憐な面立ちが、男の凌辱願望をそそるのだ。その標的は性器にとどまらず、遂にはアヌスへと及ぶことに。アナルバイブをヌプヌプと挿入。魅惑的な微振動が尻穴内部に伝達。「えっ!?お尻はダメっ恥ずかしいぃ…」性器を責められて感じるならまだしも、肛門で感じてしまうとは…。内気で恥ずかしがり屋な奈菜にとって、これ以上ない恥辱であった。バックで犯されてる間も、終始アナル責めは続行。もう男たちの中では「ケツの穴で感じる変態女子校生」という認識なのだ。この後の調教でも、執拗に二穴同時凌辱が繰り返される。今度は椅子にギチギチに縛りつけられ、膣内に挿入されたバイブまでも荒縄でがっちり固定。身動きひとつ取れない状態で、延々快感漬けにされる少女。無論、クリトリスと尻穴も電動玩具で責められっぱなし。もはや限界であった。失禁に脱糞…。恥辱の極みとも言える、あまりにも無様な失態を晒してしまう。この瞬間、奈菜の心の中で、何かが音をたてて崩れ落ちたようだ。この後の乱れっぷりは、まるで人が変わったかのよう。そのまま輪姦に雪崩こむや、腰を振りたてて悦びの声をあげる少女。誰に強要された訳でもなく、快感が欲しくて腰が勝手に動いてしまうのだ。純朴そうなルックスだけに、淫乱な本性とのギャップはことさらに凄まじい。今まで抑え込んでいた性欲を一気に解放させ、肉棒ピストンの快楽に耽溺する奈菜。顔面に次々と精液を浴びながら、アクメに酔い痴れるその姿は、完全に発情期の牝そのものであった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 岡野奈緒

周囲に林立するビルから丸見えの屋上で、無法者からの辱めを受ける女子校生・奈緒。紺色の正統派セーラー服が似合う黒髪少女は、可憐で純朴なイメージそのもの。ガクガクと足もとが震え、「お願い許して…」と憐れみを乞うものの、無論、その願いが受け入れられるはずもない。強制的に肉棒を咥えさせられ、喉奥までズポズポと…。ただでさえ屈辱的なのに、屋上公開調教といったノリの仕打ちに、身も心も打ちひしがれる奈緒であった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 南沢梨央奈

街中でも一際目を惹くほど可愛らしい女子校生の『梨央奈』。しかも感情豊かな性格で、誰からも好かれるタイプである。その多情多感な気質は、恐怖に対しても明らか。「やあああぁ!嫌っ嫌あぁ、やめて!」制服の上からまさぐられただけで、露骨なまでの拒絶っぷり。しかし嫌がれば嫌がるほど男たちの征服欲は増していく。まずは手始めとばかりに、緊縛玩具責めを開始。10代の未熟な性器に、いきなりこの刺激は鮮烈すぎたようだ。「これヤダっ、お願い許して…ダメええ~ぇ!」その瞬間ジョジョジョ~とあえなく失禁。下着を穿いたままお漏らししてしまうなど思春期の少女にとっては、まさに羞恥の極みであろう。荒縄はさらにキツくなり、ベッドに縛りつけられる女体。掛け値なしの美少女だけに、カエル脚で縛られた下半身がなおさら無様かつ卑猥に映える。そして下着越しの微振動だけで失禁してしまった性器に、なおも執拗に性的刺激が加えられる。しかも今度は、膣内に直接ヌプヌプと…。ガチガチに固められた身体は、腰だけがビクンビクン反応。意思とは無関係に、勝手にカクカク上下に動いてしまう。ここまであからさまな恥態を晒してしまっては、もうどんな言い訳も通用しない。梨央奈自身もうっすら感づいているはずだ。多情な人柄は、色情狂の素質をも秘めているという事を…。最後の仕上げは、ひたすら輪姦あるのみ。肉体の目覚めはいかんともし難く、激流のように押し寄せる快感に対し、懸命に抗い続ける少女だったが…。ギンギンにそそり勃つ肉棒のピストンは、情け容赦なく猛加速し続ける。(ダメ…そんな、あっあっああぁ…)虚ろな表情で、底なしの恍惚快楽へと堕ちていく梨央奈。美少女を犯し尽くす悦びというのは、計り知れないものらしい。男たちの射精量がそれを如実に物語っている。顔面はおろか、膣内まで大量の精液で満たされ、梨央奈は心身ともに虚脱状態。己の持って生まれた好色な体質に絶望するかのように…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 安達円花

なごみ系の愛らしいルックスが、男たちの旺盛な征服欲を一層かき立てるのか。セーラー服のまま荒縄で縛り上げられ、いきなり一方的に弄ばれる女子校生『円花』。身動きが取れないながらも上体をひねったりして、せめてもの抵抗の意思を示すのだが…。どういう訳か、乳首はビンビンに勃起。「なんだよ、もうキモチよくなってんじゃん(笑)」嘲笑しながら玩弄を楽しむ男たちに対して、首をフルフル左右に振って懸命に否定。こんな酷い仕打ちを受けて感じちゃうなど、絶対認めたくないのも至極当然であろう。しかしどっちが正しいかは、誰が見ても明白。この少女の肉体、とにかく感じやすいのだ。なおも好き勝手に嬲られ続ける円花。パイパンの股間は、クリトリスがみるみる勃起する様子までモロ見え。とめどなく溢れる粘液ごと舐められると、ハアハアと悩ましげな吐息を漏らし、必死に堪らえる少女。しかし快楽への誘惑に抗うのも、これが限界だったようだ。電動玩具でさらに責め立てられるや「もうダメぇ、お漏らししちゃう~ぅ」可愛らしい声とは裏腹に、あまりに卑猥なアクメ恥態を露呈。はしたない汁を撒き散らし、茫然自失状態の円花であった。さらに2人の男が加わり、最高級の敏感ロリボディを徹底的に貪り尽くすことに。「舐められるのが大好きなド変態なんだよな~」4人がかりで全身くまなく舐め放題。もう否定することもなく、円花は身体を委ねっぱなし。それどころか、恍惚の表情で快感に耽ってしまう。正直すぎる肉体は、いよいよ欲望の赴くままに反応。股間に勃起肉棒を宛てがわれただけで、早く入れて欲しくて、腰がグイ~ンと浮いちゃうのだ。獰猛なまでの肉棒ピストンを次々受け入れ、魅惑のアクメに酔い痴れる少女。その可憐な顔を覆い尽くす精液の凄まじい量が、この緊縛輪姦劇の興奮ぶりを、如実に表している。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 白濱亜紀

死に物狂いで抵抗する女子校生を手っ取り早くおとなしくさせるには、緊縛+口拡器具を施すのが一番である。男たちに身体をまさぐられても、亜紀はどうする事もできない。イヤイヤと首を横に振り、かすかに喘ぎ声が漏れるのみ。本能的に動いちゃうのか、レロレロと出たり引っ込んだりする舌先。大量のヨダレをダラダラ滴らせながら…。まるでそこだけが異生物のような、何とも卑猥な反応である。予想以上の痴態を見せつけられて、男たちの欲望はますます煽られるばかり。電動玩具責めから、一気に即レイプ姦へと雪崩れ込む。唾液を垂らしつつ、ハウハウと呻き続ける亜紀。肉欲に飢えたオスどもの檻に放り込まれ、その餌食となった牝犬に成り果てた気分であろう。これほど惨めな扱いを受けてもまだ、気丈に振る舞う少女。「もうやめて、お願いぃ。見ないで…触らないで~ぇ」口拡具を外されると、必死に哀願。こんな純真で理性的な女子校生を調教し性的快楽に溺れさせることほど、至上の悦びはない。アナル&蝋燭責めなど凌辱は苛烈を極める一方に…。そしていよいよ、シメの輪姦調教がスタート。ここまでどうにか耐えてきた亜紀だが、盛りのついた肉体というのは、ままならぬものらしい。高速ピストンで突きまくられるや、膣穴から淫汁がグチュグチュ溢れっぱなし。さらに同時に鬼畜イラマをブチ込まれ、とめどなく唾液が…。身体中の粘膜から体液が分泌してしまう有り様。張り詰めた緊張の糸が切れた瞬間、今までこの少女が経験したことのない、恍惚のエクスタシーが待っていることだろう。そのときこそ、理想的な性処理ペットの誕生となるはずだ。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 小野香澄

容姿や佇まいに気品が感じられ、いかにも育ちのよい箱入り娘といった雰囲気の香澄。不審な男たちに取り囲まれて悪戯されても、「触らないでもらえますか?」と、き然とした対応。お高くとまった女子校生を辱めることこそ、男たちには無上の悦び。この期に及んで取り澄ましてる少女は、まさしく絶好の獲物といえよう。ビルの屋上とはいえ、周りにはさらに高いビルが林立。いつ誰に、この恥ずかしい姿を見られないとも限らない。香澄の羞恥心はみるみる煽られ、その肉体は一気に興奮状態に。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 真田明莉

「パケでみるよりかわいい女優」女優は十分幼さを感じさせる容姿。 大声を出さないのも幼さを表現していて興奮ものではある。 体位といい、カメラアングルといい、少女に対する征服感を良く表現できている。 おもちゃにされてる少女の悲しそうな表情や、陰湿なレイプ物の雰囲気が良く出てる作品。 悪そうな男優人は迫力の演技で作品を盛り上げている。。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 花村美紀

左右の手足をそれぞれ荒縄で縛り上げられ、あたかも操り人形のごとき様相で拘束される女子校生『美紀』。何本もの手に身体をまさぐられ、やがて無垢な性器までも…。もっとも、垢抜けていない雰囲気で、経験が少なそうな割りには、すでに性感度は人並み以上に発育済みのようだが。日頃から頻繁に自慰行為に耽っている証拠だろう。クチュクチュと卑猥な音を漏らす性器に、さらに電動玩具の鮮烈な刺激が…。