レーベル HAPPY FISHから販売された作品 (合計190本)

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 原田里奈

里奈は、自分の彼氏がAVマニアである事は知っていた。「お願いだから、ビデオ撮らせて」とせがまれて、シブシブながら了承。(二人だけの秘密なら…まっいいか。ちょっと興味もあるし)彼氏を信頼していたからこそ、そのような破廉恥な行為も許せたのである。それがまさか、こんな形で裏切られようとは…。まるでビデオ観賞会のように、モニターの前に座る3人の男女。里奈は制服の上から縄で縛られ、下をうつむいたまま…。目の前で繰り広げられている映像は、里奈と彼氏の淫行ビデオだからだ。「ちゃんとよく見ろよ。自分が映ってんだからさ」と薄ら笑いを浮かべる友人たち。モニターの中の少女は全裸を晒し、はにかんだ表情で股間をまさぐり出す。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 黒田梨花

これこそ、死に物狂いというのだろう。必死の形相で逃げ惑う女子校生・梨花。(あんな連中に捕まったら…。何されるか分からないっ!)不審な男2人がいきなり襲いかかってきたのだ。そのギラついた目つきを見る限り、少女の肉体が目的であることは明らかであった。ナンパに付いていくとか、援助交際の経験もない梨花にとって、初対面の相手と性行為に及ぶことなど、想像すらできないことであった。ましてや、こんな忌まわしい暴漢たちと…!?(嫌っ!絶対、嫌っイヤぁ)とっくに息はあがっていて、恐怖で脚の震えは止まらない。それでも懸命に逃げ回っていたのだが、遂に地下駐車場へと追い詰められてしまった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 前田沙耶

女子校生・沙耶は、自分では気が強い方だと思っていた。しかし今、それは大きな間違いだったと、身に染みて感じているに違いない。ただ単に、真の恐怖というものを知らなかっただけ…。身体を完全に拘束され、逃げることなど全く不可能。強制開口器具を嵌められた口元は、まさに無防備そのもの。これから起きることを想像しただけで、足下がガクガクと震え出す。露わになった乳首をツネり上げられ、苦悶の表情を浮かべる沙耶。さらに股間に電動マッサージ機が宛てがわれると「んんがはあ~ぁ」口枷で自由が利かない口元から、呻き声が漏れる。敏感な性器が微振動に包まれ、苛烈な性的刺激が身体の内部から貫いていく。唾液がダラダラだらしなく溢れ出し、涙目で咽び泣くしかない少女。さらに鼻水まで垂れてきて、全身から体液という体液を垂れ流してる状態に…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 柿本早紀

援助交際に手を染める女子校生というと、いかにも遊んでそうな娘を思い浮かべがちだが、現実はそうでもないらしい。早紀はクラスの中では、おとなしい性格であまり目立つ方ではない。しかし、その可憐かつ愛くるしい容貌で、男子からの受けは抜群。学園のアイドル的存在ではないが、密かに異性にモテるタイプの典型といえよう。近寄り難い美人より、親近感が持てる普通っぽい可愛らしい娘、なのだ。その事実を知らぬは本人のみ…であるのは、やはり控えめな性格が原因であろう。(新学期が始まっても放課後は相変らず退屈だし、援交でもしてみようかな…)ほんの思いつきで始めた援助交際が、この少女を失意のドン底へと叩き落とすこととなる。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 清水沙耶果

ゴミ置き場に放置された段ボール箱。その中から、かすかに聞こえてくるのは、ヴインヴイン唸る電動音と、切なげな女のコの呻き声。「まさか、あの話…本当じゃないだろ~な!?」発見した男2人は、顔を見合わせて同じ事を思い出していた。『女子校生がさんざん凌辱された挙げ句、ゴミのように捨てられる…』という、いわば都市伝説が、最近この界隈で語り草になっているのだ。そして実際、フタを開けてみると…。その通りであった。男たちにとって、季節外れのクリスマスプレゼントのような物だ。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 加藤智子

得体の知れないクスリを注射器で注入されると、智子は全身の力が脱けていくような感覚に襲われた。学校ではテニス部に所属し、その運動能力は学年でもトップクラス。しかし、体力は人一倍あっても、薬物の力に対しては全くの無力…。緊縛を施された状態で、抵抗することすらできなかった。その超健康優良な肢体を、好き勝手に弄ばれてしまう。クスリの効果は、身体が脱力するだけではなかった。全身の触感に対する感度が、異様なまでに増してきているのだ。とりわけ、性器の感度は凄まじいことになっているらしい。軽く撫で回されただけで、股間から全身を巡るようにゾクゾク感がほとばしるほど。必死に堪えようとしても「んはぁ…」と溜め息が漏れてしまう。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 吉澤弥生

周りに助けてくれる人が誰一人いない状況で、不審な男2人に追い詰められていく年頃の娘の心境は、どんなものだろう?もしも捕まったら、何をされるか分かったものではない。いや、むしろ自意識の強い(駅の上り階段で常にスカートの裾を隠すような)女子校生なら、容易に想像がつくことであろうか。欲望に満ちたギラついた視線の男たちに手籠めにされ、その場でいいように犯されてしまう…。そんな光景を思い浮かべ、恐怖におののきながら必死に逃げようとする弥生。しかし、陸上部でもないごく普通の女子校生が、男2人相手に逃げ切れるはずもなかった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 宮内理江

「理江」はごく普通の、どこにでもいる感じの女子校生。実際、顔立ちや人柄に関しては、クラスでも目立たない方であった。がしかし、身体の成育度では群を抜いていた。長身かつ肉付きのいいボディ。B90の巨乳はまさしく健康美そのもの。性欲の対象として、これほど魅力的な存在もない。女子校生ばかり狙う暴漢にマークされていたのも、必然といえば必然であった。屋外で辱められた後、ソファーに縛りつけられる理江。股間全開で拘束された身体は、無防備極まりない。ハサミで下着に穴を開けられても、恐れおののく以外、何もできないのだ。少女の肉体が発育しきっているのは、どうやら見た目だけではない模様。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 早見結衣

己の運命を呪う女子校生・結衣であったが、もはやどうすることもできない。全身を縄でギチギチに縛られ、身動きすら取れないのだ。男たちの魔の手から逃げ出すことなど、到底不可能であった。その男たちとは、白衣を身にまとった医者である。ちょっと身体の不調を感じた結衣は、学校からの帰りがてら、病院に寄ってみたのだ。それが全ての運の尽きだった。気がついたら緊縛されていて、口にはギャグボールを咬まされている状態…。「たっぷり触診してあげるからねぇ。いっぱい感じていいんだよ」医者に言われるまでもなく、思春期の少女の身体は常に刺激を待ち望んでいた。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 雨宮雫

雫はある場所へ向かって急いでいた。友だちの梨花に「ちょっとここに来て」と、誘われたからだ。(美味しいケーキを売ってるお店でも見つけたのかなぁ?)温かい家庭で育った優等生の雫は、他人を疑うということを知らない。ましてや親しい友人の誘いに対して怪しむことなど、微塵も考えに浮かばなかった。それだけに、言われた場所に着いたときの雫の衝撃は凄まじいものだったろう。不審な男たちに取り囲まれ、梨花は顔を背けて視線を合わせようともしない。「えっ、何これ…。梨花、どういうことなの!?」「ごめん…」その一言で、自分が裏切られたと知った純粋無垢な女子校生。「オマエはな、売られたんだよ。勝手に親友だと思ってた女に(笑)」「そんな…。嘘…でしょ?」絶句して立ち尽くす雫の身体を、男たちがまさぐり始める。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 福原桃香

この無法者たちの狙い目はいつも、おとなしくて従順そうな少女だ。その方が手っ取り早いこともあるし、か弱い者を蹂躙する優越感もあるのだろう。恫喝に対して無力で、小動物のようにただ怯えるしかない存在…。そんな相手を徹底的に辱めることは、男たちにとって無上の悦びであった。野生の肉食動物がまず襲うのは、子供もしくは弱っている獲物から。確実に獲物を仕留めるための鉄則は、動物も人間も変わらないようである。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 片瀬朋

女子校生・朋は、クラスの中ではあまり目立たない存在。性格は生真面目で、他人に対しては無愛想な方といえるだろう。セックスに関してもあまり関心はなく、初体験まで自慰行為すらしたことはなかった。こんな潔癖ともいえる少女が、見知らぬ男どもにいいように嬲りモノにされたら、果たして、どんなことになってしまうのやら…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 川嶋美久

おとなしそうな印象の割に、この少女は意外と気が強いところがあるらしい。暴漢たちのアジトに拉致されても、怖じ気づくことなく必死に抗う美久。しかし結果的には、その反抗的態度が男たちの加虐意欲を煽ってしまう訳だが…。「痛い目にあわないと、自分の立場が分からないようだな」瑞々しいばかりの柔肌めがけて、痛烈な鞭の雨アラレが降り注ぐ。家畜という存在は愛玩用ペットとは違い、痛めつけられて初めて主従関係を許容するもの。そういう意味では、この少女は男たちにとって、家畜そのものという認識であった。家畜ならば当然、焼き印が必要であろう。熱せられて溶けた蝋燭の滴が、少女の下半身めがけてタラタラと…。「やはっ、やめて…。言うこと聞くから、お願い」逆らうことが許されない主従関係を受け入れたことで、この女子校生は性欲処理用家畜へと成り下がった。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 三浦梓

気が弱そうなJKばかり襲うレイプ犯に狙われた「梓」。強引に車の中へ連れ込まれると、男2人がかりで押さえ込まれてしまう。車内は用意周到にも、外から見えないように完全防備。どうやらレイプ専用の密室空間となっているらしい。しかし彼らにとって誤算だったのは、この少女が意外にも強情だったことである。なかなか服従しようとせず、必死になって暴れて抵抗を続けるのだ。「まぁこの方が犯し甲斐もあるってもんか(笑)」むしろ加虐欲を煽られ、ほくそ笑む余裕すらみせる暴漢。所詮、女子校生1人の力では、男2人相手に敵うはずもない。か弱き少女は簡単にねじ伏せられ、両脚を無理やり押し拡げられる。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 磯部真奈美

白昼の住宅街といえど、いつ事件が起きてもおかしくない昨今。学校や両親からは『確認しないで玄関を開けてはいけない』と、念入りに指導されていたのだが…。女子校生「真奈美」は、どうも人が良過ぎる性格らしい。他人を疑うということを知らず、すぐに気を許してしまうのだ。そんなお人よしの資性がアダとなったようだ。訪問販売を装った男に、玄関先であっけなく組み敷かれることに…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 坂口未幸

ひときわ真面目な女子校生「未幸」は典型的な優等生。見た目も可愛らしく、クラスの誰からも慕われる、優良を絵に描いたような存在。そして、しおらしい性格とは裏腹に、類い稀な巨乳までも持ち合わせている。そんな一点の曇りもない健全美少女を、密かに狙っている男たちが…。平日の昼間、少女が自宅で1人なることは調査済みだったのだろう。男たちは部屋に侵入すると、すぐさま襲いかかって、未幸を眠らせる。好き勝手に弄ばれる女子校生のみずみずしい肉体。挙げ句の果てには、そのまま膣内に精子を次々と…。目が覚めると、荒縄で搦め捕られて身動きひとつ取れない。おまけに、口はガムテープで密閉。声をあげることすらできない。とても現実の事とは思えない未幸であったが、それも無理もないだろう。いつも通り自宅でくつろいでいたはずなのに、気がつけばこんな状況なのだ。目の前の男たちに、無防備に露出した性器をまさぐられると、全身に電気が走ったように刺激が駆け巡る。緊縛された少女の身体は面白いように感じてしまう。精子を注ぎ込まれ、未幸の生殖器は発情してしまったようだ。強欲に快感を享受してしまう盛りのついた肉体。むしろ嫌がれば嫌がるほど、性的興奮を抑えられなくなっていく…。当人も自覚していなかったマゾ資質が、急速に目覚め始めていた。ベッドで再び輪姦される少女。先程と違うのは、意識がはっきりしていること。そして未幸の肉体の感度が、異様なまでに増していることである…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 水澤奈々

羞恥心と苦痛と快楽が全て極限まで達すると、人間どうなるのか…。まるでその結末を確かめるための生体実験のように、調教を繰り返される少女。制服ごと雁字搦めに縛られ、ギャグボールで猿轡も施される。ボールを外されると間髪入れず、男根を喉奥までネジ込まれるイラマチオの洗礼。苦悶の表情でむせ返る少女だったが、無論、この程度はほんの序の口であった。荒縄で搦め捕られたまま、宙吊りにされる奈々。股間は無様な姿勢で強制開脚させられ、女性器は丸出しの状態。膣内にローターをブチ込まれ、コードがプラプラと垂れ下がっている。傍から見ると間抜けな格好だけに、なおさら惨めである。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 伊東加奈

「後半が惜しい」マグロ状態でまわされるシチュエーションも悪くないのですが、いかんせんメリハリに欠ける印象。ぐったりしているのに構わず激しく犯すとか、嫌がる元気のあった中盤に一度本番を挟むなどして欲しかった。電マを当て続けるシーンもちょっと単調。前半の各所で見せた反応は可愛かったし、後半も巨乳を剥き出しにする縛り方は良かったと思うので残念。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 宮田沙織

もともと気が強い方ではない。というよりむしろ、この少女は小心で臆病な性格であった。援助交際などという大胆なことができるようなタマではないのだ。マンションの一角で身体をまさぐられただけで、ビクビクおどおどしてしまう。「こ、こんな場所で…」と困惑して周囲をキョロキョロ窺うが、キッパリと拒絶できるほどの気丈さは持ち合わせていない。結局、背伸びして身のたけを超えた火遊びに手を出したせいで、その対価を支払うハメになる。要するに沙織は、援交相手の男に騙されたのだ。金など最初から支払う気は毛頭なく、すぐに仲間を呼び寄せて、この娘を拉致する算段であった。気がついたときには、もう後の祭り。沙織は手籠めにされ、好き勝手に犯される運命に…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 唐沢未来

分かっているのは、私の身体から理性が完全に消し飛んでしまったことだけ…。私の中にずっと溜め込んできた淫らな欲望が、一気に噴出してしまったかのよう。何本ものオチンチンに夢中でむしゃぶりついて、精子を浴びせられました。その後は…上半身をガチガチに縛られて、いいように犯される私。「お前は単なる性欲処理用肉便器なんだよ!」と罵られたとき、異様な興奮を感じたのは確かです。そして硬いオチンチンが、これでもかと私の中を出たり入ったり…。こんな風に強姦されるのって、私の密かな変態願望そのものかもしれない。そのことを認めてしまった瞬間、もう一心不乱に快感を欲しました。オナニーのとき、貪欲なまでに何回もイクことに執着していたように。(犯して…。もっとアソコがキモチよすぎて変になっちゃうくらい、犯して!)心の中ではずっと本音を吐き出し続けて、無理やり犯される事に酔い痴れてました。自分でも恥知らずだと思います。強姦されて悦びを覚えるなんて…。筋金入りのマゾ変態だと自覚してしまった私は、もう普通の学校生活には戻れないかも…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 長瀬里佳

トイレの個室内というのは、もっとも気が抜ける場所である。はなはだ無防備な体勢で排泄を行い、溜め息なんかを漏らしたりする密室空間。公共の場でありながら、自分以外誰もいない…という事実が、そうさせるのだろう。女子校生・里佳もまた、そぞろボンヤリと排尿していた。扉の向こうに、とんでもない危険が迫っているとも知らずに…。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 蓼原来美

女子校生・来美は、両親に頼まれて家で留守番をしていた。「最近は鍵なんかピッキングとかですぐ開けられちゃうからな。全く物騒な世の中だよ」と、年頃の娘に留守を託す親の発想の方が、実は物騒なのかもしれない。不法侵入者が狙うのは、金品に限った話ではないのだ。実際、2人の不逞の輩はずっと来美のことを付け狙っていた。この家がたびたび、少女1人になる事は調査済み。最近建てられた家なので、防音設備もばっちりだ。わざわざ拉致など面倒なことをする必要もない。その場で犯っちゃえばいい、という訳だ。「据え膳喰わぬは恥とか…って言うしな」難なく侵入を果たした男たちは、即座に計画を実行に移す。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 春日紅葉

二人組の男たちは常日頃から、このような蛮行を繰り返しているようだった。おとなしそうな女子校生ばかりをターゲットにして、自分たちのアジトへと連行。完全に外の世界から遮断された密室では、文字通り彼らのやりたい放題だ。この日も、おあつらえ向きの女子校生を首尾よくかっさらってきた。ただ誤算だったのは、その少女が臆病で従順なタイプではなく、激しく抵抗の意思を示すことだった。しかし、それはそれで構わない。いくら泣き叫んで助けを呼ぼうと、誰の耳に届くこともないのだ。「むしろイジメ甲斐があるっていうか、思いっきり凌辱したくなるしな」男たちは意に介さないばかりか、嬉しそうに嫌がる紅葉の身体を弄び始めた。

DUGA

【辱め】HAPPY FISH 大森恵理奈

日頃は真面目に学業に勤しんでいる少女にも、魔がさすという事はあるらしい。クラスの中でも成績は優秀なほうで、放課後や休日でも、バイトとか遊びはほどほど程度。ところが、先日…。「つい出来心で」お小遣い欲しさに、援交をしてしまった。それでもそこからハマるようなことはなく、(やっぱ自分には向いてないな)と、一度きりで興味は失せていた。元々、金に執着するようなタイプでもなく、性に対してもまだ、肉体が完全に目覚めている訳ではなかった。当人は援交した事実すら忘れかけていたのだが、この日、その一度きりの過ちの代償を払う事となろうとは…。