レーベル アニメイトから販売された作品 (合計7本)

DUGA

【AV女優】W挿入遊戯 両穴を塞がれた女 ブルセラ編 ほしの祐美

アナルを挿し貫かれることで新たな快楽を覚えた彼女はエスカレートしていく淫欲を抑えることが出来ない…。始めは指でゆっくり拡張していく。やがて準備の整ったアナルとマンコに次々と肉棒が挿し込まれていく。二つの穴が同時に塞がれると、彼女はその息苦しい様な充足感に震える…。男達によって徐々に拡張されていくアナル、充分に拡がったアナルと湿ったマンコに次々とバイブと肉棒を押し込まれる。W挿入され悶え狂う彼女は、やがて快楽の泉へと沈んでいく…。

DUGA

【レズ】COSTUMEPLAY LESBIAN 姫野愛 瀬咲るな

「強い個性を感じる作品」コスプレモノのレズ作品ですが、全編通して非常に喋りが多いですね。おねだり、派手な淫語が満載です。 一応、ガン○ムものコスプレですがアニメの設定を維持したままキャラ同士の名前で呼び合っての絡み&喋りですので、こういったものに興味や耐性のある人にはいいと思いますが、人によっては好みが分かれるでしょう。 ただ、絡み自体は熱度は高く作品のクオリティは高いと思いましたね。 コスプレも最後の方までは、脱ぐことも無く着衣率も高め。 絡みの攻守の入れ替わりとプレイ傾向もバランスは取れている方でしょう。 とにかく、非常に多い喋りながらの絡みが楽しめるかどうかが、今作のポイントだと思います。

DUGA

【レズ】COSTUMEPLAY LESBIAN 長谷川ちひろ 安藤なつ妃

「少々コアなコスフェチ向け」見たまんまのコスプレ物でレズ物。 買い手側として気になるマイナスの評価をば。 先に受ける側(長谷川ちひろ)のへそピアスが派手すぎ。 先に攻める側(安藤なつ妃)のおやじっぷりと飲尿シーンでちょい引きしたのでマイナス1p。 つま先舐めのシーンが有るのも好みが分かれる所かな。 個人的には、ニーソを脱がせてまでしなくてもいいのにな、と言う訳でマイナス1p。 最後に一人が飾り襟とペンダントだけになるのも、コスプレ物としてマイナスポイント。 婦警物の方は正直蛇足。 手錠を左手に掛けるものの、それ以上発展無し。 山芋オナニーは見てて痒くなる。 出演女優が好きなら購入しても良いかな、と言うレベルの作品でした。